大銀杏


d0108212_14333150.jpg



先週のはじめごろに、鎌倉の鶴岡八幡宮の大銀杏が倒れたというニュースを知った。

四年前に初めて見に行って、その存在感に驚き、スケッチをするために何日か通った。
近くで見上げるには大きすぎるといって良いほどの姿で、ずっと眺めている内に時間を忘れてしまうような不思議な時間だった。
絵を描き終わるころには、何だか木というよりも、人間のような感じを覚えた。
千年以上を生きている巨木のオーラのようなものだと思う。

それ以来、鎌倉に出かける大きな理由が、大銀杏になった。


その銀杏が倒れてしまった。
冬の終わりの霙まじりの強風に木が耐えられなかったとのことで、再生もおそらく難しいらしい。
何だか親しい友達や、家族がどこかへ行ってしまったような、とても淋しい三月のニュースだった。
[PR]
by thinking_grove | 2010-03-13 14:00 | 雑記


生活と絵


by thinking_grove

プロフィールを見る
画像一覧

日々の生活の中で、観ることや感じること、そして絵のことを中心に。

伊藤夕歩

●HP
Thinking Grove


CERAMIC STUDIO FUSHA

以前の記事

2016年 08月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
more...

カテゴリ

全体
スケッチ
散歩
雑記
長野
東京

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧