「ほっ」と。キャンペーン

美登利屋工務店 信濃の舎

d0108212_1713451.jpg

土曜日は長野市の美登利屋さんの
展示場「信濃の舎」のセミオープンに伺った。





d0108212_17262515.jpg


漆喰の壁と漆塗りの床、障子、ベンガラ色の窓。
素材、部材の全体的な調和が取られ、独特の雰囲気。

「信州の木の家」はここ数年で多くのビルダーに取り入れられ、
標準化してきている。
県産材の活用や、住宅のレベルアップという面でとても良いことで
ある一方、どうしても各社の建てる建物が似てきていたことは
否めない。

そういった面で、この春に完成した「信濃の舎」は、これまでにない
新しい提案。今後の信州の住宅建築に一石を投じる一棟になると
感じる。


d0108212_17311193.jpg


窓の配され方も面白い。
リビングの縦長の窓から差し込む光は、時間の経過とともに様々に変化し、
なめらかな漆喰の白壁に吸い込まれていく。



d0108212_17333563.jpg


和室。リビングダイニングからつながり、抑えられた天井高で
落ち着きのある空間。


d0108212_17295436.jpg


壁は和紙の仕上げ。
節の無い琉球畳も、ざっくりとした質感できれい過ぎず、目が美しい。
窓も低く抑えられており、座った時の視線を考えられている。


d0108212_1733066.jpg


d0108212_17352665.jpg


床柱は木の皮がそのままの仕上げ。
今日招かれていた建築士の一人の方が、
「ここに生えていた木をそのまま生かしているんだよ。木の位置で家の間取りが
 決まったのさ」
と、知人の建築士の方に冗談まじりにお話しして、みんなでおかしくて笑ってしまった。

木の柱は独特の乾燥法で実現するものだそう。
和室に入るとまず目がいってしまう程の存在感があり、とても楽しい。


d0108212_17371750.jpg


外観は一階部分の外壁が漆喰の白壁、
二階部分は杉板にシルバーグレイ塗装。

コントラストある組合せが思いのほか馴染んでいるのは、
二階部分と同様に塗装された木塀があるからかもしれない。

表の接道に対して建物が斜めに振られている。
前を走る車窓からの眺めは場所によって変わるだろう。


d0108212_17374881.jpg


玄関。土間部分には、近々、漆塗りの木ブロックが並べられるそう。
大きく取られた窓からは日の光がたっぷりと。
かなりの広さがあり、自転車くらいのちょっとした大きさのモノなら
置いておけそうだ。


d0108212_17391014.jpg


二階ロビーの上下階をつなぐ吹抜け部分は書斎スペースでもある。
何人かが並んで座れるくらい余裕のあるスペース。


d0108212_18535266.jpg
d0108212_1854866.jpg


書斎スペースの後ろの窓はテラスへの出入り口。

テラスに出ると、長野市から西方向の山々がきれいに眺められる。
美登利屋工務店の本社がある小川村方面が見える。

自分たちの生まれた地域を大事に考えていることが
伝わる設計。


d0108212_17402420.jpg


寝室。
ベッドを置くところの天井部分は、他に比べて高さを抑えている。
写真左側に見える階段はロフトに上り下りするためのもの。


d0108212_18542152.jpg


階段にはステップごとに細いラインが埋め込まれている。
歩いているとステップの境界ラインを足裏に感じられ、
安心感を持てるつくり。


d0108212_18543387.jpg


お風呂がすごい。
立派な浴槽の木、石の仕上げは高級感があり、まるで旅館のよう。


d0108212_17431012.jpg



d0108212_17411513.jpg


お風呂横にある中庭。
浴室からも眺められ、また室内からもベランダに出られるように
なっている。これも贅沢!


d0108212_17432763.jpg


d0108212_17434343.jpg


お風呂の扉はガラスになっている。
明るく、広く感じられる。




d0108212_17443757.jpg


リビングでは建築士会の方々と社長の森望さんが談笑。

「ここを事務所にしよう!でも仕事をする気にならないよなあ」

「ジャズなんか流してたら、ウイスキーがほしくなるよ」

すごく楽しそうに話していた。



d0108212_1746415.jpg


一日いて、空間の居心地の良さに驚いてしまった。

道が近いけれど、静かでゆったりとした時間が流れている。
また訪れたいと思える場所。



d0108212_17462886.jpg

[PR]
by thinking_grove | 2010-04-11 17:13 | 長野


生活と絵


by thinking_grove

プロフィールを見る
画像一覧

日々の生活の中で、観ることや感じること、そして絵のことを中心に。

伊藤夕歩

●HP
Thinking Grove


CERAMIC STUDIO FUSHA

以前の記事

2016年 08月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
more...

カテゴリ

全体
スケッチ
散歩
雑記
長野
東京

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧