霊泉寺の夕暮れ(1)

d0108212_1641110.jpg



松本に向かう道中、鹿教湯温泉のほど近くで見かけた「霊泉寺温泉」の看板。
霊泉寺という名前の響きが気になって、帰路途中で寄り道。


表の道路から脇道に入り、細い川に沿った小径を進んでいくと、
山に囲まれたほんの少しの平な土地に、田んぼや畑が広がる。
静かでひと気のない、だけどきちんと手入れされた田畑の風景。

もう少しで集落かな……という辺りで、小川が流れ込む沢を見つけ、
引き寄せられるように車を降りて近づいてみる。

林の木陰の中にあって、吹いてくる風がなんとも涼しい。


d0108212_15362725.jpg



岩が大きく削られ、不思議かたちの淵ができていた。
青く深い水底は、眺めていると吸い込まれそうになってくる。


d0108212_15581811.jpg



「稚児ヶ淵」というこの淵。
名前の由来が脇に立つ看板に解説されていた。

昔、霊泉寺のお稚児さんが淵の近くで出会った美しい娘に夢中になり、
「あの娘は魔物だから会うてはならん」と諭されながらも通い続けた。
そしてある日、娘が淵の中から手招きしているのを見て、迷わず飛びこんでしまった……。

……分かるなあ、その気持ちは。


そんな背景があるからということもあるけれど、
辺りには何ともいえない雰囲気がある。

夕方頃の夏の光が差し込む林はすごく美しい場所だった。


d0108212_16213957.jpg



そこからまた更に奥へ進んでいくと、小さな集落が見えてくる。
車を降りると、温泉の独特な匂いがしてきて、なんとも言えず嬉しくなってしまった。


d0108212_16264367.jpg



……
[PR]
by thinking_grove | 2010-08-08 16:32 | 長野


生活と絵


by thinking_grove

プロフィールを見る
画像一覧

日々の生活の中で、観ることや感じること、そして絵のことを中心に。

伊藤夕歩

●HP
Thinking Grove


CERAMIC STUDIO FUSHA

以前の記事

2016年 08月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
more...

カテゴリ

全体
スケッチ
散歩
雑記
長野
東京

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧