「ドミニク・ペロー 都市というランドスケープ」

d0108212_10194010.jpg

10月24日、新宿は東京オペラシティ・アートギャラリーへ。
23日から始まっていた、
フランスの建築家ドミニク・ペローさんの展覧会
『 ドミニク・ペロー 都市というランドスケープ』
を観に出かけました。


Youtubeにアップされていた同氏の
インタビュー映像を観て、非常に興味を引かれました。

展示についてのコンセプトや、観る人の感覚を
想像した会場構成の話は、
映像を聴いているだけで面白い。


【 参照:オペラシティー・アートギャラリー公式インタビューより 】


実際の会場では、入口近辺で上映される
同氏の事務所が手がけた建築の映像からはじまります。
奥行きのある長方体の空間を
ステンレスのメッシュカーテンが仕切ることで
五つの小さな空間が生まれ、それぞれで
別の映像が流れていました。

カーテンは今まで見たことのない構造でした。
螺旋状のステンレスの板が組み合わさってメッシュになり、
その目の幅が大きいので、手前の画面を見ながらも、隣の
画面や、その向こうの映像が何となく観える。

はじめは「ただの映像上映?しかも長い…」と感じたのですが、
何となく眺めている内に、五つの画面で流れる映像は
重複しているものがあったり、何となくリンクしていることが
分かってきます。
入場の際に渡されるリーフレットもうまくできていて、
「見ているうちに少しずつ伝わってくる」ように仕掛けられて
いるようでした。

映像も面白いし、コンペで提案された模型や
CGパースも豊富に展示されています。
ドミニク・ペローさんの発想の斬新さに圧倒される時間。

そして驚いたのが、イメージスケッチを描く
スピードの早さ。

建築の映像の中にもスケッチ中の様子が
収められているのですが、はじまったと思ったら
瞬く間に線が引かれ、色が塗られ・・・。
「迷い」や「検討」の様子がない。

これからどんな建築をつくるのか…ということを
描きながら考えるのではなく、既に頭の中に
構築したイメージを瞬時に絵に現しているという
印象でした。

素早い決断力と、ジャンプ力のある発想。
そこに、レベルの高いスタッフ達に力が集結して、
今まで見た事もないような建築が実現していくー。


ペローさんの建築、繊細さとダイナミズムが同時に
あって、日本人の気質や風土にもすごくマッチすると
感じました。それでいて、新しくもあって。

とても引き込まれる展覧会でした。

- - - - - - - - - -

| ドミニク・ペロー 都市というランドスケープ
  at 東京オペラシティアートギャラリー |


| Dominique Perrault |
[PR]
by thinking_grove | 2010-10-25 23:11 | 東京


生活と絵


by thinking_grove

プロフィールを見る
画像一覧

日々の生活の中で、観ることや感じること、そして絵のことを中心に。

伊藤夕歩

●HP
Thinking Grove


CERAMIC STUDIO FUSHA

以前の記事

2016年 08月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
more...

カテゴリ

全体
スケッチ
散歩
雑記
長野
東京

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧