「ほっ」と。キャンペーン

ホンモノ市、油屋旅館。

d0108212_1492167.jpg


今回のホンモノ市で
何よりも印象的だった油屋旅館の建物。

堀辰雄さんも定宿とされていたという旅館だけあって、
やはり素敵な建物でした。風情もあるし、何より
心地よい落ち着きを感じました。

旅館としての経営が終わってしまってから、数年もの間
持ち手が不在となっていたこの建物を、
「今後もこの建物と場所を守り、保存していかなければ」と
地元の古書店「追分コロニー」さんが中心となって
維持活動に取り組まれたことで、
この信濃追分のシンボルが、取り壊しや売却という
危険性を回避できたのだそうです。

今年の夏までにギャラリースペースの改修を終えて、
ホンモノ市では大勢のお客様が来場され、
楽しくあたたかな出会いと時間が生まれていました。

冬から来春までの間にはいよいよ本館の改修に
着手されるとのこと。来年のホンモノ市の頃には、きっと
ますます魅力的なスペースとして生まれ変わっているのではないでしょうか。

信濃追分で紡がれてきた歴史の中で
「定点」となったこの油屋旅館が、
その土地に生きる人たちによって守られて、
これからの新たな時代の「出発点」になっている——

ホンモノ市の運営の背景には、
とても素敵な方々の活動と努力があったのだと感じました。
[PR]
by thinking_grove | 2011-10-11 00:30 | 長野


生活と絵


by thinking_grove

プロフィールを見る
画像一覧

日々の生活の中で、観ることや感じること、そして絵のことを中心に。

伊藤夕歩

●HP
Thinking Grove


CERAMIC STUDIO FUSHA

以前の記事

2016年 08月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
more...

カテゴリ

全体
スケッチ
散歩
雑記
長野
東京

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧