カテゴリ:スケッチ( 38 )

グリズリーの絵。

d0108212_340349.jpg


昨年の秋の一枚。

ちょうど動物スケッチを描いていた頃で、
「小さな絵も面白いけど、大きくしたらどうなるだろう」と
思って描いたもの。

はじめてみたらたいへんでした。
万年筆とガラスペンだったので、線が細くて
描いても描いてもまったく終わらない。
これはマズイと思ったものの後には引けず…。
夜な夜な時間をとって描きすすめ、眠気と戦いました。

絵は星野道夫さんの写真から、
木の実を食べる姿が印象的だったグリズリーを。
星野さんが撮った写真の中の動物たちは、本当に
「生きている」強さを感じさせられます。

苦労した分、出来上がった時は嬉しかった一枚。
たまたま持っていた羊皮紙に、文具店で見つけた
山栗色のインクで。

風景の絵も好きですが、動物スケッチも面白い。
長時間、写真を眺めているので、だんだんと
他人事ではなくなってくるのです。

しばらくしたら、また描いてみたいと思います。
次は何を描こうかなと、写真集を物色中のお正月です。
[PR]
by thinking_grove | 2011-01-03 03:40 | スケッチ

御苑の木。

d0108212_33431.jpg


少し前、2010年秋に新宿御苑で描いたスズカケの木。
大きな大木の、広がる葉っぱの向こうから射し込む陽の光が
印象的でした。

線を描く時から、太い幹と堂々とした根っこに惹き付けられたのですが
色塗りで、「つつまれ感」があんまり出なかったのが心残り。


色塗りで迷ったり難しいと思ってばかりですが、
自分の線に合う色を見つけられるよう、とにかく失敗あるのみで
どんどん取り組んでみたいと思います。


d0108212_3384890.jpg


新宿御苑、久しぶりに出かけると大きな樹がたくさんあって驚きます。

江戸時代から(だったかな?)続く場所だからなのだと思うけれど、
長野でもほとんど見かけないような景色があったりして、新鮮でした。
[PR]
by thinking_grove | 2011-01-03 03:39 | スケッチ

鳥の目線で。

d0108212_2075752.jpg



普段の目線よりもちょっと高いところから、
鳥になったつもりで描いてみました。

うまくいっているかどうかは甚だ不安ですが、
「想像すればいろいろな世界を観れる」という
スケッチならではの楽しさを思い出しました。
[PR]
by thinking_grove | 2010-10-07 20:08 | スケッチ

銀のスプーン。

d0108212_19562982.jpg

インテリア雑誌の写真の中に、線画で描かれた絵が飾られているのを
観て、自分でも描いてみました。

……何か違う。
スプーンの金属っぽさや、装飾の繊細さ、重さが出てこない。

もっとよく観て、
「線の使い分け」を意識しながら描かなくては!

でも道具の絵も、ちょっと面白い。
練習しつつ、アレコレと描いてみようと思います。


ちなみに、銀のスプーンには、
それをもらった子どもが幸せになる…という言い伝えも
あるそう。
そういう話を知るのも楽しい。
[PR]
by thinking_grove | 2010-10-07 19:56 | スケッチ

ゴッホの手紙。

芸術新潮の2010年10月号特集は「ゴッホの手紙」。
秋に東京で開催されるゴッホ展などで気になっていたこともあり、
書店でそのタイトルを見て、手にとりました。

ゴッホが弟のテオに送った手紙の写真が載っていて、
きれいな字に添えられたスケッチや、本文の和訳が
読むことができ、なんだかゴッホの人柄や悩み、喜びが
伝わってくるようでした。

さまざまな挫折や葛藤の中で絵を描くようになり、
テオの支援を受けて、描き続ける中で大きく成長していった人生。

生前の苦労は多くの書籍、資料で読む機会がありましたが
はじめて観た「ゴッホの手紙」は本当に素晴らしかった。
光り輝く風景、大地に根付いた人々の姿を描いた
氏の心が伝わる手紙だと思いました。


d0108212_051691.jpg


芸術新潮 2010年10月号より模写)
[PR]
by thinking_grove | 2010-10-04 00:46 | スケッチ

田中一村さん。

IMG_0314.JPG



奄美大島の亜熱帯の風景や植物や鳥を題材に
日本画を描いた田中一村さん。
氏に縁の地である千葉市の市立美術館で、八月から九月にかけて
回顧展が開催されていました。

父が千葉の同窓会へ出かけたその足で美術館へ。
膨大な作品のすべてに物凄いエネルギーがあって、
観ている方にもエネルギーが必要……と話していました。


作品を発表する訳でもなく、一人で描き続けたエネルギー。
奄美大島の自然と共に生きた人の心とは。

想像してみよう。
[PR]
by thinking_grove | 2010-10-03 11:41 | スケッチ

一日一画。

IMG_0295.JPG



一日一枚ずつ描こうと思いつつ、すっかり忘れ……いや、
時間が経ってしまいました。
以前アップしてからの半月ほどの間に、
長野も本格的に秋めいてきています。

絵は狐。
御代田の家の近くでも時々その姿をみかけます。

細くしなやかな体は軽やかで、風にのって走っていく。
[PR]
by thinking_grove | 2010-10-01 22:46 | スケッチ

住まいと庭。

IMG_0284.JPG


仕事の関係で、長野県で家づくりに携わる人の話を
お聴きしたり、建物を拝見する機会をいただきます。
その中で、魅力的な住まいには必ずと言って良いほど
「庭」があり、周辺の環境と一体になっているんだと感じます。

住んでいる人が、ちょっと外へ出て、草花や木々を
眺められたり、ご近所さんと話ができる場所があったり。
庭だけでなく、アプローチや周りの街並み、
周囲の土地や自然など、あらゆる周辺の環境を含めて
その家の魅力と言っても良いのかもしれません。


住んで居心地良く、訪れて楽しく、長くつきあえる場所って
なかなか見つからないし、簡単にはつくれないもの。

「世界でひとつだけ、自分だけのマイホーム……」と考えるよりも、
「いろんな人が楽しめたり、馴染めるところってどんなんだろう……」
くらいに考えてる方が、より自然で過ごしやすい家づくりにつながる。
そんなことを思う、今日この頃です。

- - - - - - - -

絵は長野市の美登利屋工務店さんの建築プラン。
ご家族が庭で畑仕事ができたり、夜空の星を眺められる様に…という
建物のコンセプトが素敵です。
[PR]
by thinking_grove | 2010-09-29 00:17 | スケッチ

一日一画、五日目。

IMG_0232.JPG



動物スケッチ、今日は野ウサギ。

ウサギなんて小学生の時に学校で飼っていたのを見て以来。

野ウサギは野山を
すばしっこく走ってそうなイメージがあります。


気づけば動物スケッチも今日で五日目。
少しずつ慣れてきたかな。

アタマを使っているようで使っていないというか。
無心になれて、気持ちがスッキリします。

やっぱり集中して絵を描くのは楽しいです。
[PR]
by thinking_grove | 2010-09-18 00:47 | スケッチ

一日一画、四日目。

IMG_0208.JPG



鹿。

御代田でも時々見かけるけど、
必ず夜で、家族連れ。

高く跳躍できるので、畑の柵もなんのその。

かんたんに飛び越えていくそうです。
[PR]
by thinking_grove | 2010-09-17 00:26 | スケッチ


生活と絵


by thinking_grove

プロフィールを見る
画像一覧

日々の生活の中で、観ることや感じること、そして絵のことを中心に。

伊藤夕歩

●HP
Thinking Grove


CERAMIC STUDIO FUSHA

以前の記事

2016年 08月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
more...

カテゴリ

全体
スケッチ
散歩
雑記
長野
東京

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧