<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

六月になる前に


五月末、東京で二つの展示会を観に行きました。

 一つ目は、国立新美術館の「ルーシー・リー展」
会場にはルーシー・リーの初期の作品から晩年の作品まで並べられ、
うつわの数々を間近で眺めることができました。

以前東京ミッドタウンの2121で開催された展示も良かったけれど、
今回はまた格別。
発色の美しい釉薬の技法、流れるようなかたち。
一つひとつが素晴らしくて、どれだけ観ていても飽きない。
ため息が出ました。



そして二つ目が東京オペラシティーアートギャラリーの「猪熊弦一郎展」

いのくまさん。お話に聞くばかりで実際の作品は
初めて拝見しました。
観ていてとても楽しくなりました。
自由で、とらわれない。けれど独特のスタイルがある。

谷川俊太郎さんの詩と展示がうまく響きあっていて、
オペラシティーの会場の中を散歩している
気分になります。こちらも素晴らしかった。


春から夏に変わってくるこの時期にぴったりな
展示だなあと思いました。
観ていると何だか元気が湧いてきて、つくることの楽しさ、
「その人らしい」ということの大切さを考える時間となりました。


d0108212_2151479.jpg

[PR]
by thinking_grove | 2010-06-06 21:51 | 長野


生活と絵


by thinking_grove

プロフィールを見る
画像一覧

日々の生活の中で、観ることや感じること、そして絵のことを中心に。

伊藤夕歩

●HP
Thinking Grove


CERAMIC STUDIO FUSHA

以前の記事

2016年 08月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
more...

カテゴリ

全体
スケッチ
散歩
雑記
長野
東京

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧