<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

アーヴィング・ペンと三宅一生、Visual Dialogue展。

d0108212_12531193.jpg


しばらく前に、「アーヴィング・ペンと三宅一生展」を観に出かけました。


写真家アーヴィング・ペンさんと三宅一生さん、
二人の天才が洋服と写真でコラボレーションをして、
より素晴らしい創造が生まれた記録。

三宅一生さんがデザイン、パリコレで発表した服を、
北村みどりさん(現 三宅デザイン事務所 代表取締役)が
ペンさんの事務所を訪ね、服から得たインスピレーションをもとに
まったく新しい発想のもとに写真撮影が行われる。
そして、その写真をもとに
グラフィックデザイナーの田中一光さんがポスターへ仕上げる……

会場を入ってまず流されるアニメーションで
主要メンバーのやり取りが紹介されていて、とても面白い。
洋服がどんな工程のもとでデザインされたり、
パリコレで発表されていくのかを知らない人でも
すんなりと理解できるよう工夫がこらされています。

アニメを見終わった後、広大な空間に設けられた
特大スクリーンに映し出される写真作品は、
まさに圧巻で、ドキドキするほど刺激的でした。

会場では、ペンさんのオリジナルプリントや、
ISSAY MIYAKEの洋服を撮影する前に、
ペンさんがいつも描いていたイメージスケッチも展示されていて
素晴らしい写真が生まれた過程が伝わってきます。


- - - - -

21_21のサイトでは、会場の様子が紹介されています。
■Exhibits
http://www.2121designsight.jp/en/program/visual_dialogue/exhibits.html



そして、ギャラリーで上映されるアニメーション
「Irving Penn and Issey Miyake: Visual Dialogue」は
カートゥーニストのマイケル・クロフォードが原画を手がけたもの。
THE NEW YORKERウェブサイトでアニメーションのダイジェストが
紹介されています。
■KETCHBOOK: ISSEY MIYAKE AND IRVING PENN
Posted by Michael Crawford


……実際は9分以上あるこのアニメーション。
シンプルな絵がなんとも愛嬌があって、楽しい。素敵でした。



会場構成は建築家の坂茂さん。
近年では震災の復興住宅などでも活躍されている方です。

シンプルだけど、写真や映像、文章にダイレクトに触れることができる
ようになっていて、観る人が印象的な時間を過ごせる空間。
展示を観る時に座れる椅子も、坂茂さんのデザイン「CARTA chair」で何とも贅沢です。

- - - - -


ブランドも、作品も「オリジナル」であること。
その大切さや、それを保ち続けるための努力を感じます。

……いやはや、これまで21_21で観た展覧会の中でも
一番刺激を受けるものでした。

残念ながら観に行った日はあまり時間がなくて
駆け足で観てしまいましたが、あまりに面白くて
会場を去りがたい気分になってしまいました。

会期は何と来年2012年の四月まで(!)とのこと。
ぜひ、二回でも三回でも、あらためて観に行きたいと思います。




===================================================
d0108212_14561814.jpg


[PR]
by thinking_grove | 2011-10-23 15:17 | 東京

押上にて。

d0108212_030491.jpg


週末は東京へ。
スカイツリーを描こうと、浅草から押上周辺を歩きました。

まず、浅草の雷門から浅草寺までの仲見世通りの
活気に驚きました。大勢の人とたくさんのお店。
歩きながら、何とはなしにワクワクしてしまいます。
初めて訪れた浅草寺はとにかく大きく頼もしい雰囲気でした。

参拝客は年配の方が多いのかなと思っていたのですが
意外や意外、若い人の方が多かったです。
海外からの人も多く、中国や台湾、欧米、インド……と
国際色豊かな浅草でした。

それからいよいよ押上方面へ。
スカイツリーを目指しながらあちこち歩きました。

隅田川周辺では、
広い川面の向こうにツリーやアサヒビール社屋が
眺められますが、……うーん、これは難しそう。

隅田公園から眺めるツリーも良かった。
公園の緑の向こうにニョキッとスカイツリー。
何だかギャップのある不思議な組み合わせで、
ほのぼのするなあ。

そして今日一番良かったのは、牛島神社の境内。
手作りの品やお菓子のお店が並ぶマルシェのような
イベントが開催されていて、たくさんの人たちが眺めたり
お店の人と話したり。何とも楽しい雰囲気です。

午後の時間、コーヒーとマフィンを買って
境内で流れるミニコンサートの音楽を聴きながらスケッチ。
時間を忘れて集中できました。

「おお、調子が出てきたかなあ」と思ったものの、
この日はこれがピークでした。

近づけば近づくほどにスカイツリーは見上げるように大きくなり、
絵というよりも写真ばかりたくさん撮ってしまいました(笑)

天気も良く、十月半ばにして夏のように暑かった一日、
久しぶりにたくさん歩き、夕方ごろになると
ツリーも川面も夕日色に染まりました。

スカイツリーはモノにできなかったけれど、
一人満足しつつ帰路についたのでした。
[PR]
by thinking_grove | 2011-10-17 00:26 | 東京

月の輪。

d0108212_1153291.jpg



夜、薄曇りの空に浮かぶ満月の周りに、
ぼんやりと輪が見えました。

初めてみた不思議な月の輪。
何となく、いつもよりも辺りが静かなような。

しばらく眺めてから家に入りました。
[PR]
by thinking_grove | 2011-10-13 01:55 | 散歩

ホンモノ市、油屋旅館。

d0108212_1492167.jpg


今回のホンモノ市で
何よりも印象的だった油屋旅館の建物。

堀辰雄さんも定宿とされていたという旅館だけあって、
やはり素敵な建物でした。風情もあるし、何より
心地よい落ち着きを感じました。

旅館としての経営が終わってしまってから、数年もの間
持ち手が不在となっていたこの建物を、
「今後もこの建物と場所を守り、保存していかなければ」と
地元の古書店「追分コロニー」さんが中心となって
維持活動に取り組まれたことで、
この信濃追分のシンボルが、取り壊しや売却という
危険性を回避できたのだそうです。

今年の夏までにギャラリースペースの改修を終えて、
ホンモノ市では大勢のお客様が来場され、
楽しくあたたかな出会いと時間が生まれていました。

冬から来春までの間にはいよいよ本館の改修に
着手されるとのこと。来年のホンモノ市の頃には、きっと
ますます魅力的なスペースとして生まれ変わっているのではないでしょうか。

信濃追分で紡がれてきた歴史の中で
「定点」となったこの油屋旅館が、
その土地に生きる人たちによって守られて、
これからの新たな時代の「出発点」になっている——

ホンモノ市の運営の背景には、
とても素敵な方々の活動と努力があったのだと感じました。
[PR]
by thinking_grove | 2011-10-11 00:30 | 長野

信濃追分ホンモノ市、一日目。

d0108212_2155570.jpg


軽井沢の「信濃追分ホンモノ市」が始まりました。

秋晴れの良い天気の下、
開場前の9時半頃くらいにはお客さんが入り始めて、
都心から、地元からと大勢の方々にお越しいただき
賑わいの一日が始まりました。


d0108212_21551343.jpg


追分宿で名旅館だった油屋さんの建物と敷地を
利用してのこのイベントは今年が二回目で、
クラフトやアート、テキスタイル、お菓子、キャンドル、花……と、
様々なお店が出店しています。

今回から両親も焼き物で出店させていただいているのですが
油屋旅館さんの玄関という素敵な場所をブースとしてお借りでき、
こちらも嬉しい驚きでした。
お客さんの中で多くの方が、玄関の太い梁に施された彫刻や
見事な石の三和土を眺めていかれていました。


d0108212_2155282.jpg


会場内を歩きながら各ブースを眺めるのが楽しい。
クッキーやケーキ、ヨーロッパの森や家を写したポストカードを
買いました。

イベント初日の今日は、近くできのこ祭りも開催され、
きのこ汁が振る舞われたそうなのですが、そちらも大人気で
あっという間に無くなってしまったそうです。


d0108212_21553383.jpg


十月になり、あちこちで紅葉が見られます。
風も気持ちよく、昼間のちょっとした散歩が気持ちいい。
その分夜は寒いくらいですが、星がきれいに見えるようになりました。

二日目の明日は午前九時から午後三時頃まで開催しています。
天気も気持ち良さそうですので、
秋の軽井沢(特に追分宿!)へぜひお越しください。
[PR]
by thinking_grove | 2011-10-09 22:31 | 長野

信濃追分ホンモノ市、明日から。

d0108212_21412555.jpg



9日(日)・10日(月)と、軽井沢町追分宿の旧
脇本陣「油屋」さんの庭とギャラリーで行われる
「信濃追分ホンモノ市」に両親が焼き物で
出店させていただきます。

アートやクラフトに加えて、古書や料理、音楽など
楽しそうなイベントです。9日には追分の森で採れた
秋の味覚きのこ汁が味わえる「きのこ祭り」も。

お近くにお越しの際は、ぜひ足をお運びください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
『第2回  信濃追分ホンモノ市』
 http://www11.plala.or.jp/colony/1010_honmono.html

・開催日程:10月 9日(日)10:00am〜4:00pm
      10月10日(月)10:00am〜3:00pm
・会場  :油屋/長野県北佐久郡軽井沢町追分607
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




ホンモノ市出店作家の皆さんの作品を展示販売する
「ホンモノウィーク」も。こちらは下記の開催日程です。

■『ホンモノウィーク』
・開催日程:10月 12日(水)〜23日(日)11:00am〜5:00pm
・会場  :油屋ギャラリー
[PR]
by thinking_grove | 2011-10-08 21:40 | 長野

アンリ・ル・シダネルの展覧会。

d0108212_18474116.jpg


地元のメルシャン軽井沢美術館で開催中の「アンリ・ル・シダネル展」へ。

自然の風景が優しいタッチで描かれていました。
夕方の景色や月夜に浮かび上がる水辺の情景が多く
画家の人柄が感じられます。

特に良いなあと思ったのが、
階段のある風景。


d0108212_1914226.jpg


冬の夕暮れ、階段と生け垣の向こうに家の灯りが見える景色。


d0108212_1915175.jpg


階段を登った広場。こちらはリトグラフでした。


晩年の地、ジェルブロワ村で移り住んだ住居では、
庭にきれいな薔薇や植物を植えたことで、
村全体へ花々が広がっていき、その後の
フランスの美しい村100選に選ばれるきっかけにも
なったのだそう。



d0108212_18474584.jpg


メルシャン美術館もシダネル展が最後の展覧会となり、
11月初旬で閉館となるそうです。
地元の美術館として自慢の場所だったので何とも残念です。

秋の風の下、寂しさを覚えた展覧会でした。
[PR]
by thinking_grove | 2011-10-02 18:57 | 長野


生活と絵


by thinking_grove

プロフィールを見る
画像一覧

日々の生活の中で、観ることや感じること、そして絵のことを中心に。

伊藤夕歩

●HP
Thinking Grove


CERAMIC STUDIO FUSHA

以前の記事

2016年 08月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
more...

カテゴリ

全体
スケッチ
散歩
雑記
長野
東京

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧